1.  >
  2.  >
  3.  >
  4. お墓購入の際にローンを使うことはできる?

お墓選びの基礎知識

お墓購入の際にローンを使うことはできる?

お墓購入の際にローンを使うことはできる?

お墓一式の購入にかかる費用相場は、最もスタンダードなもので150万〜250万円前後。墓地の形態や地域、使用する石材の種類によっても異なりますが、決して安い買い物ではないため、いざ契約、購入という段階で慌てないよう、いつ、何にお金を支払うのか、しっかりと予算立てをしておくことが大切です。

また、分割払いローンを使える石材店も増えていますので、一括払いに不安がある場合は、一つの選択肢としてローンの活用を検討してみると良いでしょう。ここでは、お墓にかかる費用とローンの具体的な使用方法を紹介していきます。

お墓にかかる費用の内訳

石材店に依頼すると、お墓の完成までに必要な経費を記した「見積書」を作成してくれますが、中には「暮石工事一式」というように費用の内訳が分かりにくくなっている場合もあります。

費用一式といっても、総費用であるとは限らず、工事が始まってから別途費用を請求される可能性がありますので内容をよく確認しておく必要があります。お墓にかかる主な費用の内訳は、以下の通りです。

・永代使用料

霊園・墓地にお墓を建てようとする際、使用する区画(土地)の「購入」費用を支払うのではなく、お墓を建てる区画を使用する「権利」を得るための費用を所有者に支払います。この費用を永代使用料と呼び、土地を借りているような状態になりながらも、一度支払うといかなる理由においても返還されないのが一般的です。

・墓石にかかる費用

暮石にかかる費用には、石材費、加工費(文字の刻印など)、付属品代、建立にかかる基礎工事費、設置費が含まれます。使用する石材の種類や刻印する文字数、デザイン加工する箇所が多くなる場合などは、費用が割り増しになります。

・管理費

墓地の維持、管理費用として管理者に支払う費用です。毎年1回納入するのが通例となっています。

・法要

お墓が完成したら、住宅の「竣工式」に相当する「開眼供養」を行います。開眼供養では、僧侶にお経をあげてもらいます。

お墓の購入にローンは使用できる?

一括払いの他に分割払い(ローン支払い)で納めることができます。
ちなみに、やまと石材では、安心、低金利のメモリアルローンがあるので、選択肢の一つとして検討してください。

お墓をローンで組んだ後に亡くなってしまったら?

ローン完済前に、ローン契約者が亡くなってしまった場合、祭祀継承者が返済を引き継ぐことになります。契約者死亡の際、返済義務を免除するローンもありますので、保障内容を確認しておきましょう。また、お墓は、相続財産の対象外となる祭祀財産に相当するため、ローンの残額については債務控除の対象から除外されています。

お墓の購入では、完成までにどんな費用が発生するか、あらかじめ理解しておくことが大切です。また、お墓が完成した後も、定期的にメンテナンスや修繕にかかる費用も意識しておくと安心でしょう。