1.  >
  2.  >
  3.  >
  4. 霊園にお墓を建てる際に無宗教の場合はどうすべき?

お墓選びの基礎知識

霊園にお墓を建てる際に無宗教の場合はどうすべき?

霊園にお墓を建てる際に無宗教の場合はどうすべき?

お葬式をし、お墓を建てて、納骨をする……仏式なら当たり前のことかもしれませんが、無宗教ではこれらをどう捉え、行えば良いのでしょうか。今回は無宗教の場合に限定した、お葬式の仕方やお墓の建て方について解説します。

無宗教の場合のお葬式

無宗教の場合のお葬式は、各宗教による儀礼から離れて、自由なスタイルと演出で作りあげることができます。故人の好きだった音楽を流し、写真や映像を映し出し、遺族、近親者、友人などがお別れの言葉を贈って、焼香の代わりに献花を行う……といった内容になることが多いでしょう。

近年、「自由葬」や「無宗教葬」は増えているので、こうしたお葬式に実績のある葬儀社は存在します。「オーダーメイドのお葬儀を行いたい」という旨を説明して、葬儀社に相談、依頼をしてみてください。希望に沿った葬儀が執り行えるよう、葬儀社の方がさまざまな提案をしてくれるでしょう。

無宗教の場合のお墓、霊園選び

お墓や霊園はどのように選べば良いのでしょうか。お寺の墓地は、宗教や宗派が違えば入れないケースもありますが、公営の霊園、民営の霊園では、宗教を問われることはほとんどありません。

ただ、お寺では対応や考え方が異なるとお墓を建てられない場合もありますので、お墓の購入条件として「宗教、宗旨、宗派一切不問」などと記されているかどうかを確認しましょう。

このような霊園に足を運んでみると、実際に建っているお墓のデザインもさまざまなスタイルがあるはずです。事前に相談してみれば、自由な発想によるお墓を作れる可能性も高いでしょう。

無宗教の場合の納骨方法、お墓参り

無宗教の場合の納骨方法には特に決まりがなく、自由です。とは言え、親族などが少人数でも集まって納骨式に近いことをやるとすれば、自由と言われても逆にどうすれば良いのか分からないかもしれません。

お墓に遺骨を収納するためのスペースは「カロート(納骨棺)」と呼ばれ、これを素人が開け閉めするのはなかなか大変です。石材店に依頼すれば作業を行ってもらえる(有料)ので、相談してみましょう。霊園であれば、管理事務所が対応してくれますので、霊園管理事務所に相談するようにしてください。

なお、お骨が骨壷に入っている場合は骨壷のまま納めるか、中身を天然素材の袋などに入れて納めるかを選ぶことになります。この作業を終えれば、あとは集まった人たちで故人に弔慰を表す時間を設ければ良いでしょう。

お墓参りについては、無宗教の場合はやり方はまさにそれぞれです。いわゆる法事の決まりなどに縛られる必要もありません。周囲に迷惑をかけない範囲であれば、独自の祭祀を執り行うことも可能でしょう。逆に、無宗教であってもお線香で供養するために、墓前に香炉を備えるという人も少なくありません。

当然ながら、無宗教でもお墓を建て、納骨をし、故人を偲ぶためにお参りをすることはできます。霊園などとも相談しながら、必要なことをひとつひとつ行っていきましょう。