お墓選びの基礎知識

石材店の選びのポイント

石材店の選びのポイント

全国に数多くある石材店には、会社規模の大きな石材店もあれば、地元密着型の小さな石材店までさまざまなものがあり、それぞれ特徴が異なります。どの石材店にお願いするかによって、お墓の仕上がりや価格、アフターフォローの内容まで変わってきますので、お墓に関する知識を身に付けながら、出来るだけ多くの石材店を比較、検討してみることをおすすめします。ここでは、石材店の選び方をご紹介していきます。

石材店とは

石材店では、墓石の販売をはじめ、お墓の建立にかかる基礎工事や墓石の加工、墓石の設置工事、アフターフォローなどの一切を請け負うのが一般的です。
ただし、石材店によっては、墓石の販売や加工のみとしている場合もあるため、あらかじめ業務内容を調べておくと安心です。

石材店を選ぶ重要性

同じ石材店でも取り扱う石材の種類、加工の方法や精度が異なります。住宅と違って、お墓の強度や品質を規制する基準がないため、信頼できる石材店かどうかは、買い手側がしっかり見極める必要があります。

「霊園に近いから」、「他の石材店よりも価格が安いから」といった理由で安易に選んでしまうと、建立後すぐに修理が必要になるなど、想定外の出費やトラブルを抱える恐れがあります。
納得のいくお墓を建てられるよう、出来るだけ多くの石材店を比較検討し、実際に足を運んだ上で選ぶことをおすすめします。

石材店の選び方のポイント

・実績があるかどうか

確かな実績があるかどうか、その石材店が実際に手掛けたお墓を見せてもらうようにしましょう。ある程度年月が経ったものを見せてもらうと、施工技術の良し悪しを図ることができます。

・お墓ディレクターの資格を持っているかどうか

お墓ディレクターが常駐しているかどうかは、石材店を選ぶ上で欠かせないポイントとなります。お墓ディレクターは、日本石材産業協会が「お墓に関する幅広い知識と教養を兼ね備えた人」に与える資格。お墓作りについての疑問や不安を相談できる心強い存在です。

・出来上がりイメージ(完成予想図)を事前に確認できる

出来上がりのイメージを完成予想図や店舗で確認できると、お墓作りのイメージがより具体的になります。悪質な業者では、平面図さえも提示しない場合があるため要注意です。

・見積・料金が明確かどうか

申し込み・契約から引き渡しまでにかかる費用の詳細を記した見積書など、重要な書類をきちんと準備する石材店を選びましょう。書類作成に時間がかかり過ぎる、内容に不明な点が多いといった石材店はおすすめできません。

・アフターサービスがしっかりしている

たとえ小さな傷であっても、そのまま放っておくと墓石の劣化を早めます。保証期間内であれば無償で修理をしてくれるなど、アフターサービスの体制が整っていると安心です。

・お墓の建立に関する説明が丁寧で分かりやすいか

基礎工事や石材の種類など、細かい部分まで丁寧に説明してくれるかどうか。素人には分かりにくい内容も曖昧にせず、きちんと説明する姿勢が大切です。

・対応が丁寧で信頼できそうか

どんな些細なことにも親身になって相談に乗ってもらえることは、大きな判断基準になります。一生に一度の大きな買い物を最後まで気持ちよく進められる石材店を選びましょう。

お墓作りは、石材店選びで優劣が決まると言っても過言ではありません。お墓が完成した後も、お墓のメンテナンスや法要(カロートの開閉)の度ごと石材店との関係が続きますので、信頼のおける石材店かどうか慎重に判断するようにしましょう。