1.  >
  2.  >
  3.  >
  4. お墓を建てる際に方角は意識するべき?

墓石の基礎知識

お墓を建てる際に方角は意識するべき?

お墓を建てる際に方角は意識するべき?

お墓の方角や向きについて考えてみたことはあるでしょうか。中にはお墓を建てるとき、ある方角に向けるのは避けるべきという話を聞いたことのある人もいるかもしれません。その信憑性はどうなのか、今回はお墓と方角や向きとの関係について解説しましょう。

お墓を建てるときに方角は意識したほうが良い?

お墓を建てるとき、方角や向きを気にするというのは、古くは古代中国の占星術などから来ているようです。しかし、結論から言えば、現代ではお墓の方角を気にする人はほとんどいないでしょう。

特に都市部の墓地や霊園では、参道に囲まれた一区画分に2列のお墓が背中合わせに並ぶレイアウトをよく見かけます。仮にこの背中合わせのお墓の片方が良い方向を向いているとすれば、もう片方は悪い方向を向いているということになってしまいます。

あえて言うなら、お墓は東向きか南向きが良いという説は存在します。浄土系の仏教では「西方浄土」という言葉があり、仏様は西方にいて、西に向かって拝むにはお墓は東向きにあるべきだという考えから来ています。ただし、これには、故人が仏様の方角を向くようお墓は西向きのほうが良いという説もあり、解釈によってさまざまです。

また、南向きというのは大陸文化の影響を受けた考え方と言われます。確かに、寺院には東向き、南向きに建てられているものが多く、神社もしかりです。しかし、中には西向きに建てられている有名なお寺もあります。

総じて、お墓を建てる方角や向きに、特別な決まりはないといって良いでしょう。

方角よりも意識したほうが良いことは?

東向きや南向きがよしとされるのは、方角による吉凶よりも水はけの良さです。水が溜まりやすい場所にお墓があると墓石に苔がつきやすくなり、また寒冷地では凍結して墓石にダメージを与えることもあります。

お墓同士の向きは意識すべき?

お墓同士が背中合わせになっていることで、周囲のお墓参りに来ている人たちを気にすることなく、ゆっくりとお参りをすることができるでしょう。その点ではお墓同士の向きを意識したほうが良いと言えます。

お墓の方角について、墓相などの見地から気にすることはあまり意味がありません。ただ、気持よくお参りするために、どのような向きやレイアウトが良いのかは考えるべきかもしれません。墓地や霊園を選ぶ際に、参考になさってみてはいかがでしょうか。