お客様から寄せられたありがとうの声

加地様より

田舎のお墓をこちらへ移す(改葬)ことになり、新しいお墓を建てるなら、従来の形にこだわらない自分たちだけのオリジナルのお墓を建てたいと考えました。大好きなバラと天使をイメージし、図書館から本を借りてきたりなどして、自分でデザイン画を書きました。それをもとに何パターンも図面を作って頂きました。苦労した点は、よりイメージに近づけ、完成度を高める為に、試し彫りをお願いし、何度も調整し直して頂きました。

お墓

そのかいあり、完成引渡し日には、じっとしておられず夫婦揃ってお墓を見に行きました。この目で出来上がったお墓を目の前にし、自分のデザインしたお墓がかたちになったことを大変満足しています。ご相談係の柳原さん、いろいろと大変でしたが本当にありがとうございました。


藤沢営業所
所長 柳原 正典

ご相談係 柳原 正典より

奥様が、天使がお好きだということで、欧米生まれの「ファントーニ」という技法も用いた彫刻がぴったりではないかと考えました。この「ファントーニ」という技法は、彫刻を立体的に表現することが可能です。しかし、お客様のデザインに近づける為、試し彫りを何度も行い、マジックでここはもっと太くとかもっとここは小さくなど書き込みながら、加地様と二人三脚で作り上げていきました。特にこだわった点は、デザイン画のもととなった加地様のお人形に「より具体的に」近づけることでした。そのため、写真やお人形をお借りして、デザイナーや彫刻家に見せ図面を作ってもらいました。いざ完成したお墓を見て、加地様も喜んで頂き、私もともに勉強させて頂いたことに大変感謝しております。