1.  >
  2.  >
  3.  >
  4. 墓地によって変わるお墓の管理費とは

お墓選びの基礎知識

墓地によって変わるお墓の管理費とは

墓地によって変わるお墓の管理費とは

お墓を建てるためには、「暮石本体の費用」、「お墓を建立するための工事費」、「墓地の永代使用料」が必要になります。そして、これらの費用とは別に、墓地の維持管理のための費用である「管理費」を毎年支払わなくてはいけません。この管理費というのは、墓地の広さや設備の内容によっても金額が異なるため、事前にしっかりと調べておくことが大切でしょう。

お墓にかかる維持費とは


お墓を維持するためにかかる費用というのは、大きくわけて以下の3つです。

・管理費

管理費というのは、共有スペースの維持管理のために使われます。通常、お墓の周りの雑草の手入れや掃除などはそのお墓の持ち主が行いますが、通路や休憩所など墓地周辺の清掃を行うのは管理者です。芝生の手入れをしたり、樹木を刈り込んだり、通路を整備したり、お墓を訪れる人たちが快適に利用できる環境作りにかかる費用は、お墓の利用者たちが支払う管理費が使われます。

・お布施や寄付

寺院墓地でお墓を建てて檀家になると、毎月の月命日に行われる読経や法要のたびに、お礼のかわりとしてお布施を支払うのが一般的です。宗派、宗教、地域によってもその金額の相場はさまざまで、寺院墓地によってはお寺の維持費として寄付を求められることもあります。

・メンテナンスにかかる費用

お墓というのは一度建てたら先々まで大切に引き継がれていくものですが、墓石の材質によっては経年により光沢が失われたり、ヒビやサビが発生したりすることも。墓石そのもののメンテナンスにかかる費用も、あらかじめ調べておくとよいでしょう。ちなみに、お墓を建て替える場合には墓石の種類にもよりますが、100万円以上かかるのが一般的です。

墓地ごとに変わる管理費の傾向


お墓というのは墓地の土地を借りている状態ですので、毎年必ず「管理費」を支払わなくてはいけません。墓地は大きく「公営墓地」、「民営墓地」、「寺院墓地」に分けられ、管理費も異なります。

・公営墓地

各都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地のことです。市営霊園とも呼ばれているもので、他の2つと比べて管理費は安く、空きが少ないという特徴があり、管理費は地域や広さによっても異なります。

・民営墓地

財団法人や社団法人をはじめとする公益法人が運営している墓地のことです。自然が多く、休憩所や遊歩道などの共有スペースがきちんと整備された公園墓地が主流で、管理費は公営墓地と比べて高く設定されています。ただ、地域やお墓の広さによって差があるようです。

・寺院墓地

民営墓地の中でも宗教法人が管理・運営している墓地のことを寺院墓地と言います。寺院墓地にお墓を建てる場合には、その寺院の檀家になるのが原則です。管理費は他の2つと比べてもやや高めとなる場合が多いようです。

管理費を払わないとどうなる?


ほとんどの墓地では管理費は年払い、もしくは数年分をまとめて支払うのが一般的です。一定期間にわたって管理費がきちんと支払われなかった場合、 墓地の永代使用権が取り消され、お墓が撤去されてしまうこともあるため注意が必要です。細かな決まりは墓地によって異なりますので、必ず事前に確認しておきましょう。

管理費というのは1年から数年分をまとめて支払うのが一般的です。金額によっては負担が大きくなることもありますので、お墓を建てる際にはあらかじめしっかりと把握しておきましょう。