墓石の基礎知識

お墓のカロートとは?

お墓のカロートとは?

カロートとは、お墓のどの部分を指す言葉かご存知でしょうか。実は、遺骨を納めるという、お墓の中でもとても大事な役割を担うのがカロートです。その構造やタイプなど、カロートについて知っておくべきことについて解説します。

カロートとは

カロートとは、お墓の納骨室(納骨棺)のことです。遺骨を納める場所であり、普段、入り口は石の板などで塞がれています。

遺骨の納め方によって変わるカロートのタイプ

カロートには遺骨の納め方、また形状によって、次のようなタイプがあります。

遺骨の納め方

関東では遺骨を骨壷に入れてからカロートに納めるスタイルが主流です。そのためカロートの底もコンクリートや石で作られているか、一部のみが土になっています。一部を土にしてあるのは、骨壷がいっぱいになった場合に、古い遺骨を骨壷から出して撒くためです。すべてがコンクリートや石のカロートの場合は、遺骨がいっぱいになった時点で、遺骨を粉骨して複数の遺骨を1つの骨壷に入れます。
地域によっては、骨壷から遺骨を出して、袋などに入れてカロートに納めるスタイルが見られます。この場合は底が土になっていて、遺骨は時間の経過とともに自然に土に還っていくことになります。そのことによって、お墓を何代にも渡って使用していくことができます。

カロートの形状

カロートには、地下タイプと地上タイプの2種類があります。地上タイプのメリットは納骨がしやすく、空気穴などがあって風通しが良いことです。多くの場合、水はけも意識して作られています。この地上タイプは最近のお墓や、敷地が狭い都市型のお墓に多い傾向があります。これに対し、地下タイプはグランドレベルより下にあるタイプで芝墓地でよく見られるカロートです。どうしても周囲から水が染み込んでしまい湿気が強くなるデメリットがあります。
また、浸水対策などのため、半地下構造になっているカロートもあります。

カロートは選べるもの?

カロートのタイプは墓地、区画によって決まっていることが多いようです。墓地や石材店に確認してみましょう。また霊園に関していえば、現在は墓地の面積に関わらず地上カロートが主流になっています。

 
カロートは普段は目に見えませんが、お墓の中心とも言える部分です。お墓を新しく建てるときには、遺骨の納め方やタイプに違いがあることをよく理解して、納得のいくものを選ぶようにしましょう。