1.  >
  2.  >
  3.  >
  4. お墓にはいくつかの種類がある?

墓石の基礎知識

お墓にはいくつかの種類がある?

お墓にはいくつかの種類がある?

同じお墓でも、分類の仕方によってさまざまな種類が存在します。古くからの伝統を引き継いでいるお墓もあれば、近年の世情の移り変わりによって増えてきた新しいお墓もあります。ここではお墓の種類について、代表的なものをご紹介しましょう。

一般的なお墓の種類

お墓には他にもさまざまな種類があります。最もよく見られるのが「家族墓」、「一人墓」、「二人墓」、「両家墓」と呼ばれるお墓です。墓石に「○○家之墓」、「○○家代々之墓」と刻まれているお墓のことで、ほとんどの場合、家族または同一姓の親族のご遺骨を納めます。「南無阿弥陀仏」、「南無妙法蓮華経」など、墓石に各宗派の題目や経文を刻む場合もあります。

「一人墓」は文字どおり個人用の一代限りのお墓のことです。管理は霊園が行い、供養も行ってもらえるという方式が一般的です。「個人墓」とも呼ばれます。「二人墓」は2人まで納骨できるお墓で、中でも夫婦を対象とした2人墓は「夫婦墓」と呼ばれます。どちらも継承を前提としない期間が定められたお墓です。

「両家墓」は2つの家族を1つに合わせて祖先を祀るお墓です。長男と長女が結婚した場合などに、双方の家のお墓を継承するためにこのスタイルを取ることがあります。作るお墓は2つではなく1つなので、経済的な負担軽減のメリットもあります。

さらに、「永代供養墓」というものがあり、お墓を継いでいく人がいなくても、寺院や霊園に管理料を支払えば、供養と管理を行ってもらえるお墓になります。

埋葬方法の種類

埋葬方法によっても、お墓の種類は分かれます。お墓に遺骨を埋葬する一般的なもの以外では、「納骨堂」がよく知られています。納骨堂は個人や家族で屋内に遺骨を納めることができ、昔は一定期間だけ遺骨を保管するイメージでしたが、最近では通常のお墓と同じように骨壺のまま永久に安置してもらうケースも多くなっています(厳密には「埋葬」とは違います)。

納骨堂では年間管理費を払い続けることで、管理者が永代に渡って管理、供養を行います。また、33回忌などの一定期間安置した後、合祀されるケースもあります。

遺骨を埋葬する以外に、「散骨」する場合もあります。山や林など、陸地の場合は指定された場所で行う必要がありますが、海の場合などは、特に指定されている場所はありません。散骨は節度を持って行えば法的に問題はないとされています。山や海以外に、宇宙葬なるものもあります。

また、散骨とは少し異なるものに、許可を得た区画に遺骨を埋葬して、墓石ではなく樹木(花木)を墓碑とする「樹木葬」と呼ばれるものもあります。

少子化や個人の価値観の多様化などに伴い、お墓の種類も増え、管理や供養方法も移り変わってきています。今ではどのようなお墓を選ぶかという選択の余地も広がっていると言えるでしょう。