トップページ > お墓の基礎知識 > お墓Q&A 1.お墓に関するお金のこと

お墓Q&A

1.お墓に関するお金のこと

ここではお墓の費用について、よく質問される内容をご紹介致します。

Q1:お墓の費用・相場を教えて下さい。

A:お墓の費用は、墓石と墓石工事費と永代使用料からなります。一般に総額200万円から250万円が目安となりますが、墓地の大きさ、墓石の種類等によって価格は異なります。

Q2:永代使用料と管理費について教えて下さい。

A:永代使用料は、土地そのものの分譲ではなく、墓地を使用する権利を保証するものです。管理費は、寺院・霊園を問わず必要となり、緑地の整備・水道・休憩所などの維持・管理のための費用です。

Q3:お墓の支払方法について教えて下さい。

A:永代使用料は、ご契約時に一括でお支払頂きますが、お墓の費用は、高額ですので、現金の場合には数回に分割してお支払頂いておりますのでご相談下さい。一般的に、最初に内金・中間金・完成時と分割して支払う方が多いようです。

Q4:お墓をローンで買えますか?

A:永代使用料・お墓費用を含め、お墓は高額な商品です。寿陵(生前墓)の増加とともにローン利用者も増えています。

Q5:両親のお墓を兄弟共同で買えますか?名義・管理費等も分けたいのですが・・・

A:兄弟で購入することは可能ですが、一墓地に対して一名義となります。したがって名義・管理費を分けることは出来ません。

Q6:お墓の相続について教えて下さい。名義変更は可能ですか?その場合の費用はいくらくらいですか?

A:永代使用権を相続人以外の第三者に譲渡することは基本的に認められません。ただし、管理者の承諾があればこれを認めるところもあるようです。また名義変更については、霊園によってさまざまですが、平均的に5,000〜10,000円くらいのところが多いようです。

Q7:お墓には相続税はかかりますか?

A:簡単にご説明いたしますと以下のようになります。
取得税…必要ありません。
相続税…必要ありません。
消費税…墓地(土地)には必要ありませんが、墓石・工事費には必要です。
このように、墓地(土地)を取得する場合に税金は一切かかりません。お墓は被相続人が分けて相続する一般財産とは異なり、 祭祀を行う一人だけが受け継ぐ事になっています。このような財産を「祭祀財産」といいます。また、仏壇や位牌も 「祭祀財産」に入るため、税金はかかりません。ですから親が寿陵(生前建墓)をしておけば、相続税がかからないため、節税対策になります。