お問い合わせ 資料請求・見学予約 検討リスト
MENUCLOSE

悠久の碑

ホーム > 悠久の碑

 

「悠久の碑」は従来の考え方にとらわれない、お墓の新しいあり方です。

平成23年に永代供養墓『悠久の碑』は『川口さくら霊園 永久の杜』内に誕生致しました。
毎年二回、春彼岸と秋彼岸に宗教法人新隆寺による合同供養祭が執り行われます。永代供養とありますが永遠ではなく、「個別埋葬」では骨壷のまま三十三回忌まで個別埋蔵用棚に安置し、その後合祀スペースに合祀します。
尚、永代供養墓は一般的な供養の一定期間として、三十三回忌が挙げられることがほとんどです。
実際に三十年以上も時が経ってしまうと故人を覚えている方もいなくなるという慣習上の見方の影響と、いわゆる弔い上げとされる三十三回忌を迎えることは、完全に成仏する、あるいは祖先の霊に昇華するとする、日本の仏教的な考え方が反映されています。

永代供養墓「悠久の碑」のご紹介

永代供養墓の誕生は現代の必然
一般のお墓は、そのお墓を承継する方が絶えてしまえば一定の期間や手続きを経ることによって、ほとんどが無縁墓として改葬(墓石は撤去)されてしまいます。墓地の管理者にとって無縁墓は未収の管理費が発生し、将来的に墓地全体の運営や管理に支障が生じる為、改葬という形で処理することになるのです。また、ご自宅に遺骨があって困っている方も多くいらっしゃるのも現実です。
そういった少子化や核家族化によって維持・管理が難しくなった時代に反映して、永代供養墓という言葉を耳にする方は少なくないでしょう。承継問題をはじめとしたお墓の様々な悩みを抱えている方々にとって、永代供養墓は一つの解決策としての支持を得ています。
永代供養墓とは、残された家族に代わって、お寺が永代にわたって供養と管理をしてゆくお墓のことです。跡継ぎのいないご家族や単身の方などでも亡くなった後の心配をせず、安心して眠る事ができるので、近年、社会的に大きな注目を集めています。
多くの宗教法人が永代供養墓を開設する理由は、承継問題をはじめとしたお墓の様々な悩みを抱えている方々に、安心して死後を託してもらえるシステムを提供したいという願いから開設するものです。
死後のこと、そして、残りの人生を安心して生きるためにも精神的支えとして永代供養墓の誕生は現代の必然であったと言えます。
永代供養墓の名称や特徴
さて、永代供養墓は【遺骨をどこにどう納めるか】によって形態も呼称も様々です。
他の方と同じ納骨室(埋蔵用棚)に安置されることから、広い納骨室に共同で骨壷を安置する合葬式と呼ばれる「個別埋葬」、遺骨を骨壷から出し共同のお墓に埋葬する合祀式と呼ばれる「即合祀」などが一般的に挙げられます。
特に後者の合祀となると、以後改葬(遺骨の移動)ができなくなるので事前によく確認をして下さい。
『悠久の碑』は「個別埋葬」「即合祀」どちらにも対応した共同の永代供養の合同碑のほか、独立した墓所も用意されています。
他の方と一緒の合同碑を前にお参りするのでなく、この独立した墓所は一般のお墓のようにお花とお線香をあげ、ゆっくりと手をあわせて故人と語るお参りをすることが可能です。また、お好みに合わせて墓碑のプレートの色を変更することや、お花のレリーフを刻むなどが可能ですので個性を強調させることも可能です。
皆様がイメージされるお墓のように大きな区画ではありません。しかし、お墓に対するニーズが多様化している時代。残された方への負担を軽くしようとする想いが生んだ新しいタイプのお墓です。

このような方におすすめしております。

ご夫婦だけで入りたいとお考えの方
ご夫婦の「亡くなった後も夫婦で一緒にいたい」というお気持ちにお応えいたします。
お子様に負担をかけたくないとお考えのご夫婦も、定期的にご住職がご供養されますので、ご心配いりません。
後継者のいないご家族
お子様がおられない方や、一人娘が嫁がれた方など、せっかくお墓を建立されても後々面倒をみられないまま放置されてしまうケースがあります。
永代供養墓は永代にわたって供養と管理をしてくれますので安心してお任せいただけます。
お一人での眠りを希望される方
21世紀は「個」の時代であり、「個」が尊重される世の中です。「先祖代々のお墓には入りたくないが、供養、管理をして欲しい」、「亡くなった後は一人でゆっくりしたい」など、様々なお考えがございます。
永代供養墓『悠久の碑』は、少人数のお墓ですので、そんなご要望に適したお墓となっています。

※2021/9/24に開催された「川口さくら霊園永遠の杜プレアーガーデン」の秋彼岸合同供養祭の様子
(新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小して無観客で執り行われました)

その他、このような方にもおすすめしております。

  1. お子様又はご親戚はいらっしゃるが、事情(海外移住など)があってお墓の承継をお願い出来ない方。
  2. 一時的にご遺骨をご自宅や納骨堂、寺院などに保管されている方。
  3. 当霊園にお墓をお持ちの方で、継承者が不在になる可能性のある方。

お申し込み手続きについて

お申し込み資格

国籍、宗教、宗派を問わず、当霊園が認めた場合はどなたでも使用が出来ます。

お申し込み方法

  1. 「使用規則」をご覧頂き、「永代供養申込書」所定事項を記入、捺印(実印)し、住民票(本籍記載)、戸籍謄本、印鑑証明を各1通添えてお申込下さい。
  2. 申込者(使用予定者)が不在の場合は、代行者のみで申込可能です。その場合は「永代供養申込書」の申込者欄は未記入で可です。
  3. 代行者とは、最後の使用者が亡くなられた際に、当霊園への連絡並びに埋葬までの手続き等を代行して頂く方です。従って、親類、縁者でなくても可です。
  4. 費用合計金額を振込期限内に指定口座へ振込して下さい。
  5. 当霊園にて申込者及び代行者を確認、費用全額入金確認を以って使用者の使用登録を行います。
  6. 使用登録後、当霊園より「永代供養墓使用承認証」を送付します。
  7. 埋葬、改葬等の納骨手続きを行う際は、市区町村長の発行する埋(火)葬許可証もしくは改葬許可証と共に、使用承認証と所定の書類を提出して頂きます。
  8. 使用承認証を受けた申込者並びに代行者の氏名、住所、電話番号等の変更があった場合は速やかに管理事務所に届け出て下さい。名義変更の場合は、所定の書類に名義変更手数料を添えて提出して下さい。
  9. 永代供養墓の使用権譲渡は出来ません。

 

お気軽にお問い合わせください Contact

霊園・墓石についてのご質問などは、下記の電話番号、もしくはお問い合わせフォームよりお気軽に問い合わせください。
0120-18-1441 受付時間 / 9:00〜18:00 年中無休