トップページ > お墓の基礎知識 > 3.お墓の豆知識

お墓の基礎知識

3.お墓の豆知識

このページではお墓に関する豆知識を掲載します。定期的に更新されます。

第1回「お盆について」

お盆やお彼岸もどちらも、もともとは仏教用語からきていますが、先祖を供養する、大切な日本人の伝統的な習わしですので、是非ご家族揃ってお墓参りにお出かけ下さい。

お盆とは・・・・

「先祖の霊に帰る」といういう習わしと仏教の「盂蘭盆会」(うらぼんえ)とが合わさって今のお盆という形が出来ています。お盆の時期は、7月15日前後に行なうところや、8月末など地域によってさまざまですが、一般的に8月13日から16日までを「お盆」といい、13日の最初の日を「迎え盆(お盆の入り)」、16日の最後の日を「送り盆(お盆の明け)」といいます。特に、人が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆といい、近親者や友人が集い、僧侶に読経してもらった後は、会食の席を設け、特に手厚く供養します。

お盆を迎える前の準備としては、仏壇・仏具を清め、精霊棚を設けます。ここに花や果物、菓子・故人の好物などを供えます。キュウリで作った馬とナスで作った牛を供えるのは、先祖の霊が馬に乗ってこの世にかえり、牛に乗ってあの世にかえるという昔からの願いをこめた習わしです。

13日の「迎え盆」には、お墓参りに出かけ、墓地をきれいにしてから、花や果物などを供えます。戸外が暗くなると、家の門口ではおがらを燃やして先祖を迎えます。地方によっては、なかには白樺の皮や麦わらをたくところもありますが、都市部では、ロウソクの火を灯すだけで済ませる場合が多いようです。16日の「送り盆」には送り火をたき、先祖の霊を送り出します。

バックナンバー

第1回「お盆について」第2回「お彼岸について」