1.  >
  2.  >
  3.  >
  4. お墓の引越し「改葬」の手続きと費用

改葬の基礎知識

お墓の引越し「改葬」の手続きと費用

お墓の引越し「改葬」の手続きと費用

お墓から遺骨を移し新しいお墓へ埋葬することを「改葬」と言います。改葬は、いわばお墓のお引越しと考えて間違いありませんが、一般の住宅とは異なり公的な手続きが必須となるため、あらかじめ手順を把握し準備を進めることが大切です。

また、親族間でのトラブルを避けるためにも、お互いの意向をよく確認し、改葬にかかる費用負担や法要の手配、改葬後の管理についても相談しておきましょう。ここでは、お墓の引越しをする際に必要な手続きについて紹介していきます。

改葬とは

「高齢となりお墓までの移動が困難」あるいは「親族が市街地に移り住みお墓の管理ができない」などといった理由で、自宅近所など管理しやすい墓地にお墓を移すことを「改葬」と呼びます。一度埋葬した遺骨を取り出すため縁起が悪いと考える人も少なくないかもしれませんが、宗教上・法律上、適切な手続きを行えば問題はありません。

むしろ、疎遠になりがちだったご先祖様を思う気持ちや、大切に供養して行こうという気持ちの現れとして望ましい行為とも言えます。厚生労働省の調査によると、全国の改葬件数は年々緩やかに増加傾向にあるとのことです。

改葬に必要な書類と手続き

遺骨を取り出し、新しいお墓へ納骨するまでの主な流れは、以下の通りとなっています。

・新しい墓地の確保

将来的なことも考え、お墓の維持・管理がしやすい場所を選び移転先を選定します。親族間でよく話し合い、お互いが納得できる場所を選びましょう。また、新しい墓地を契約する際は、既存のお墓から改葬する旨を忘れずに伝えます。承諾を得られたら「受入証明書(墓地使用承諾書)」を発行してもらいます。

・既存の墓地管理者へ改葬の意向を伝える

長年お世話になった管理者に相談することなく無断で改葬することはできません。時期に余裕を持って、改葬する意向と希望する時期を伝え、承諾を得ておくことが重要です。特に、寺院墓地の場合は、改葬後も檀家を続けるかどうかも話し合っておく必要があります。ここでトラブルが起きると、改葬の手続きに支障をきたすため、感謝の気持ちを込めて丁寧に対応するようにしましょう。

・新しいお墓の建立

新しいお墓を建立する石材店を決定します。改葬の場合は、既存のお墓を撤去する費用もかかるため、新しいお墓にかかる費用とのバランスに注意しながら予算に見合ったお墓を建立することが大切です。

・改葬許可申請書・埋葬証明書の発行

既存のお墓がある市町村で、改葬許可申請書及び埋葬証明書を発行してもらいます。市町村によっては、ホームページからダウンロードすることも可能です。

・既存の墓地管理者の承諾(捺印)

既存の墓地管理者に改葬許可申請書と埋葬証明書を提出し、墓地管理者に記名・捺印してもらいます。

・改葬許可証の発行

既存のお墓がある市町村に、改葬許可申請書、埋葬証明書、受入証明書を提出し、改葬許可証を発行してもらいます。

・遺骨の取り出し・閉眼供養

既存の墓地管理者に、改葬許可証を提出し遺骨を取り出します。その際、お墓から魂を抜く「閉眼供養」を行います。

・お墓の撤去

遺骨を取り出したお墓の撤去工事を行います。新しいお墓の建立を依頼した石材店に撤去工事を依頼しておくとスムーズです。

・新しいお墓へ納骨

新しいお墓の完成日がはっきりしたら、納骨式と開眼法要の準備を進めます。当日参列する親族へも連絡を入れておきましょう。

改葬にかかる費用

改葬では、新しくお墓を建てる費用に加え、既存の墓地の撤去工事、証明書発行、法要にかかるお布施代などに50万円〜100万円程度の費用がかかります。お墓の建立にかかる費用は、150万円〜300万円程度が相場と言われていますので、それ以上の予算を準備しておかなければいけません。

もちろん、地域や墓地区画の広さ等によって費用感は異なりますので、改葬までの流れを把握し、何にどれだけの費用がかかるか1つ1つ整理しておくと安心です。

お墓の改葬には、多くの手続きと費用が生じます。1人で進めるのは大変な負担となりますので、親族に協力を仰ぎながら進めるのが理想です。また、改葬のサポートを行なっている石材店に相談し、手続き等を代行してもらう方法もあります。既存のお墓が遠く手続きが難しい場合などは、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。